おすすめのマンガを、学校の図書室へ寄贈します!(終了) | チーム・トイレの自由

おすすめのマンガを、学校の図書室へ寄贈します!(終了)

★クリックするとシェアできます

世鳥アスカさんのエッセイコミックス『明日、地震がやってくる!』を学校の図書室へ寄贈するプロジェクトを実施しています。2020年5月20日(水)で終了しました。

「児童・生徒に読ませたい」という学校を募集しています。

マンガで読む「語り部」で防災教育にひと工夫を!

これは、若き女流マンガ家個人の、停電と液状化と断水の自宅生活体験記です。

生きる力をはぐくむ防災教育の「副読本」としてお勧めします

東日本大震災を千葉県浦安市で経験したマンガ家、世鳥アスカさんが自身の被災体験を描いたエッセイコミックス『明日、地震がやってくる!』。

  1. 特定できる個人の自宅での避難生活体験記であること
  2. プロが描いたマンガであること
  3. 発災直前から断水解除後までの30日間のドラマであること

この3つの理由から「災害に適切に対応する能力の基礎を培う」「生きる力をはぐくむ」防災教育にお役立ていただけます。

マンガの詳しい内容は、こちらからご覧頂けます。

また、たくさんの方がこのマンガを推薦しています。

このマンガを、児童・生徒へ読ませたい学校を募集しています!

希望校へ、1校1冊ずつ無償(送料含む)で寄贈

下記条件を満たしご応募頂いた学校へ、1校1冊ずつ無償(送料含む)で寄贈いたします。

2020年5月20日で募集を終了しました。

【応募条件】

  1. 日本国内に所在する学校(小・中・高・大・専門、その他支援学校、児童館なども含む)であること
  2. 貸出を行う図書室があること
  3. 主旨に賛同し、児童、生徒に「このマンガを読ませたい」と思っていること
  4. 児童、生徒に対し、マンガの価値を伝え、継続的に勧め続けていただけること

受贈希望校名の公表について

本プロジェクトに必要な資金は、その大部分を多くの皆様からの支援にてまかなっています。受贈希望校には、WEBサイトにて学校名を掲載させて頂くご協力をお願いしております(任意)。支援希望者に対し「受贈希望校」としてお知らせすることが目的です。

現在の応募状況 1,027校

2020年5月20日現在、1,027校から応募をいただいております。

お問い合せ

チーム・トイレの自由へのお問い合せ、各種ご依頼は専用フォームからお願いします。

 

★クリックするとシェアできます

★フォローすると最新情報が届きます