トイレの備えセミナー | 減災チーム・トイレの備え

トイレの備えセミナー

★クリックしてシェア!

トイレの備えセミナー

トイレの備えセミナーは「携帯トイレトレーニング(携トレ)をやりたい人=リーダー」をつくる勉強会です。災害時トイレ問題の本質と解決策を提供します。

リーダーに向けた災害時トイレ問題の本質と解決策

リーダーの意識を呼び起こす

トイレの備えの三本柱の一つ目は、意識です。

阪神・淡路大震災から23年。すでに災害時のトイレには”問題”がある、ということは一部の人には認識されています。しかし20年後の熊本地震でも解決されない課題がありました。

減災チーム・トイレの備えが呼び起こしたい意識は「トイレ問題への認識は十分でなく、見落としがある」という危機感。その危機感に目覚めて欲しい相手は、リーダーです。

リーダーとは責任をとって自ら行動し周りに影響する人。立場のことではありません。トイレ減災においては、目覚めた危機感を原動力に、自分以外の誰かに共有しようと行動する人こそがリーダーです。そのリーダーの意識を呼び起こす場が、トイレの備えセミナーです。

災害時トイレ問題の本質と解決策

災害時トイレ問題の本質は、

携帯トイレ(水を使わないトイレ)を

  • 知らないこと
  • 使い方がわからないこと

です。そして解決策のひとつが、携帯トイレトレーニングです。

ダイジェスト版動画(15分)

15分間の時間を頂いて話した動画をトイレの備えセミナーの内容の参考としてご覧ください。

トイレの備えセミナーの詳細

トイレの備えセミナー

目的

トイレを備えることへの意識を高め、以下の行動を促します。

対象

リーダー(責任をとって自ら行動し周りに影響する人)。たとえば、

  • 防災士、防災リーダー、自主防災会役員、ボランティアコーディネーター
  • 組織や団体、会社の代表者、防災担当者
  • 家庭の代表者、防災担当者

実施時間・参加人数

時間:60~120分 人数:20~1,000名

90~120分、30~50名が一般的な実施時間と参加人数です。90分以上かつ50名以下であれば、セミナーに加え携帯トイレトレーニングも同時実施可能です。(要相談)

トイレの備えセミナーの開催

トイレの備えセミナー

トイレの備えセミナーの主催者は”皆さん”です

トイレの備えセミナーの目的を理解し「地域の安心安全を前進させたい」と思った皆さんが主催者です。

講師とコンテンツを提供します

セミナーで話をする講師とコンテンツ(中身)は減災チーム・トイレの備えが責任をもって提供し、トイレの備えセミナーの目的を最大限に達成するために全力を尽くします。

開催の条件

開催の条件は以下のとおりです。

  • 20名以上の参加者が見込めること(参加募集も主催者にてお願いします)
  • セミナーを自主開催できること(具体的には以下のものをご提供ください)
    • 会場(費用含む)
    • 運営スタッフ(講師と携帯トイレトレーニングスタッフは除く)
    • スライドが投影できる設備(プロジェクター、スクリーンなど)※1
    • マイク設備※2
    • 当日配布資料の印刷(事前にデータをお渡しします)
  • 講師費用をご負担頂けること
    • 講師料 20,000円~
    • 交通費 実費(会場までの往復。公共交通機関を使用するものとして算出)※3
※1 スクリーンは白い壁やホワイトボードなどでも代用可能です。
※2 外部入力ができるアンプ設備があれば理想的です。
※3 携帯トイレトレーニングを同時実施する場合は備品運搬費用も含め自動車移動の実費(ガソリン代130円/㍑+高速料金)

なお「地域の安心安全を前進させたい」という強い意思をお持ちであれば、条件に満たない場合でも解決の方法を一緒に検討させて頂きます。お気軽にご相談ください。

講師が出張せず、中継によるセミナーも可能

Zoomというサービスを利用して行う方法です。インターネットにより講師側、会場側の双方の様子を生中継でつなぎます。現在、派遣可能な講師は愛知県および岐阜県在住です。他地方など遠方の会場でのセミナーの開催を希望される場合など、ぜひご検討ください。

メリット

主催者側は交通費の負担が不要です。講師は移動の必要がありません。

開催の条件

上記の一般セミナーの条件(交通費実費の項を除く)に加え、

  • 講師映像投影用設備(PCまたはスマートフォン、およびプロジェクターと接続できる設備)
  • 会場映像撮影用設備(スマートフォンまたはタブレット端末など)

が必要です。

開催の打診

上記条件が揃ったら、減災チーム・トイレの備えに開催の打診と講師派遣の依頼をしてください。開催の打診と講師派遣の依頼は、専用フォームからお願いします。

過去の実績

トイレの備えセミナーの主催者様です。

  • 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
  • マックスバリュ中部労働組合、マックスバリュ中部株式会社
  • 清流の国ぎふ防災・減災センター
  • 美濃加茂市
  • 株式会社ビコーインプレス
  • NPO法人海津市防災士会
  • NPO法人高齢者住まいる研究会
  • 防災フェスタINたかつき実行委員会
  • 多治見市根本交流センター
  • 笠松町社会福祉協議会
  • 豊田市高橋自治区
  • 可児市防災の会

トイレの備えセミナー実績の詳細はこちらから

参加者の声

  • 断水することが多いと分かり、家でも準備したいと思った。特に、子、孫には。
  • 体験することがいかに大切かよく分かりました。ありがとうごさいました。
  • 一番心配していることでしたのでその上講座も大変よくわかり、ありがとうごさいました。娘も心配していたので助かりました。
  • 何事も体験である。
  • トイレが一番大事であることをより感じました。
  • ふだんは当たり前に感じていますが、災害の時の心の準備ができ、大変参考になりました。
  • トイレの知識が増えました。減災は人の力で実現できるかな。
  • 具体的な内容で実際に役立ちそうでした。
  • トイレの必要性をあらためて感じた。携帯トイレを知る事が大切だと感じた。
  • 携帯トイレを初めて体験しました。意外に簡単に出来るんだと認識しました。たくさんの方に知っていただくと実際に災害時でも困ることはないと思います。
  • 携帯トイレの使い方体験が出来て良かった。
  • 災害時の色々な対応策がより進化していることが実感した。

お問い合せ

減災チーム・トイレの備えへのお問い合せ、各種ご依頼は専用フォームからお願いします。

★クリックしてシェア!

★フォローすると最新情報が届きます。

★このサイトの更新通知が受け取れる便利な購読サービスです。
follow us in feedly